エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです!

【話題ネタ帳】VRと新たな人類と哲学【591日目】

この記事は?

たまに一人で考えてる自分の思考を、
他者に吐き出せる程度にネタにしたものを書きます。

いつもの思考メモと違うところは、一応これである程度話せるってこと。

私が思うVRの可能性

私達って、腕が2本、足が2本、そんな人体を持って生きているのが当たり前みたいなところがあると思います。

でも知ってますか。VRでしっぽを生やして生きている人で、しっぽがある感覚が当たり前になり、
現実でしっぽがないことに違和感を感じる人がいることを。

.oO(私も早くその境地に行きたい)

新たな人類

しっぽの感覚を持った人。それって、進化した人類みたいな考え方出来ませんか?

私達は今の人型が当たり前になっていますが、別にそれが今スタンダードだと錯覚しているだけで、
それが本当にあるべき姿とは限らない可能性ありませんか?

私達は、腕を4本持って生きるという可能性って、普通にあると思うのです。

今の私達も、何かを介して世界を見てるかも

今、私達は2足歩行で生きていますが、

『この今の人生が、ヘッドマウントディスプレイを始めとした高度なテクノロジーを介して、世界を見ている可能性を、否定できますか?』

今スタンダードだと思っている世界は、実は何かを介して見ている世界で、本当は私達は6足歩行の生物かもしれない。

私達が今後、何かの液に浸かり、脳波だけで電脳世界を生きることが当たり前になる可能性もあると思います。
そこでは、ある言葉を発することが禁忌とされているかもしれません。『ログアウト』って。

そう考えたとき、今の私達は、ログアウトをせずに生きているだけの、何かかもしれませんし、
そういった新たな人生の境地を生み出すことだって出来るかもしれません。

そんな可能性を、私はVRに感じていて、そしてその進化を見ていたいなーってたまに思いながら、VRで生活しています。

さて、早く私もしっぽ生やさないとだ。