エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒2年目エンジニアブログです! プログラムだけじゃなく、マネジメントとかも書いていきたい!

このブログは? 毎日更新エンジニアブログです【更新:2018/09/12】

このブログは?

毎日新卒2年目が学んだことを記事にしているブログです。
ターゲットを広めに、簡単な記事を書いていることが多いです。

あなたは?

  • 新卒2年目のエンジニア
  • スクラムマスター見習い
  • 新卒2年目でLaravelにコントリビュート。
  • 趣味はVROculus Rift等。

使用技術

Docker,HTML,CSS,JavaScript,PHP等々...

こいつ面白いな?

そう思ったら、渋谷で良ければランチでもいかがですか!
twitterかメールで連絡していただければ、いつでも歓迎です!(メアドはgithub参照)

klack710 (Masaki Obata) · GitHub

https://twitter.com/engineer_hiyokotwitter.com

おすすめ記事

willow710kut.hatenablog.com

willow710kut.hatenablog.com

【小話】汚れたサンドバッグ【374日目】

注意

思いつきで書いたものです。

込められた想いはどこまで届くかな?

お話書くのは2年ぶりなのでお手柔らかに。

汚れたサンドバッグ

あるところに、下級貴族と奴隷がいました。

下級貴族は、仕事ではより上位の貴族に媚び、舐められないようにする日々。

仕事中はたくさんの苛立ちが溜まっていました。

そんな貴族が自宅に帰ってすること、それは奴隷を殴り、苛立ちのはけ口とすることでした。

 

奴隷は少年でした。
いたって普通の過程で育ち、学校に通い、子どもらしいごっこ遊びをしながら、テストではちょっといい点数を出して、両親に褒められる。

そんなことに幸せを感じる少年でした。

そんなある日、親の都合で家庭が引き裂かれます。

彼は奴隷市に流され、そして今の貴族に拾われます。

 

少年は理不尽な暴力にも必死に耐えました。

『きっと僕が悪いんだ、僕がもっとちゃんとしたら、きっとご主人様も僕を殴ることはやめてくれる』

けれども、頑張っても頑張っても、生活は何も変わりませんでした。

貴族に任された仕事をいっぱい頑張って、素敵な成果を残しても、無理やりな理屈で殴られるばかりでした。
むしろ、心なしかいつもより酷かったように思います。

 

少年は悩みました。

『なんで僕は殴られてるの?頑張ってもだめなら、どうすればいいの?』

今日も1日、彼は殴られ続けました。

ただ、いつもと違ったのは、
彼が殴ってる貴族の方を観察していたことです。

『あれ?なんでこの人、笑いながら、こんなに必死に殴ってるの?』

殴ることになんでこんなに焦ってるんだろ。

そう思ったら、ふと、笑いがこみ上げてきました。

 

『はは、滑稽だね』

『あ?』

『僕ごとき殴るのに必死になってるの?ああ、そっか。仕事ではいつも見下されてるから、見下す相手がほしいんだね』

『っ!ふざけんな!』

その日、一番力の籠もった蹴りが飛んできた。

痛かった、苦い液が何度も口に登ってきた。

でも、その時の貴族の顔は真っ赤。怒り心頭って感じだった。

『ああ、やっぱり滑稽』

『つっ……お前と話すとイライラする、さっさと部屋から出ていけ』

足を引きずりながら、僕は無言で部屋から出た。
余計なことを言って殴られるのは、僕も勘弁だから。

 

また次の日も殴られた。でもあの日からの僕は違う。

『あはは、必死必死、大変だねー』

『こいつっ……!』

殴られながら、なんども煽り続けた、その時は僕の苦し紛れの抵抗だったのかもしれない。

 

しかし、次第にその効果は現れた。

一週間後、僕が呼ばれることはなかった。

『ああ、そうか』

少年は気がついたのだ。

『嫌なことされたら、それ以上に相手を不快にさせてやればいいのか』

『誰も汚れたサンドバッグなんて殴りたくならない』

『近寄りたくもない』

『不快なことをしてくる相手に、わざわざ近寄りたくないのは、相手も同じだよね』

その日から少年は、ことあるごとに嫌味を使い、相手を不快にさせてきた。

すると、次第に暴力はなくなり、屋敷から追い出され、そして自由を手にした。

 

ああ、欲しいものを手に入れるのは簡単だ。

相手を、不快にさせればいいだけだ。

あとから聞いた話だと、あの貴族の家は、何人もの奴隷が耐えられず、自殺していたらしい。

だが、少年は生きた。今も、これからも生き続けるだろう。
彼は生き残る術を手に入れたのだ。

もう、怖いものなどない。
彼は誰からも怯える必要のない生活を送ることができるだろう。

そう、誰一人仲間のいない世界で。

【一週間振り返り】挑戦を忘れない+体調崩した一週間でした【373日目】

1.今週一週間の感想(ざっくり)

新しいチャレンジした、けど体調崩してた一週間でした。

2.良かったこと

1.新しいチャレンジした
 →分報

2.自分の『やりたいこと』『やれること』『やらなければいけないこと』で今後の進路を決めた
 →他者の生産性上げたい・プログラミングは出来る・プログラミングをやらなきゃいけない
 →今はプログラミングを頑張る

3.もっとこうしたかったこと

挑戦の前に、自分が『やるべきことをやれているか』を一度見直すべきだった
ただ、失敗してそれに気がつけたのはいい機会になった

ちゃんと休んだつもりで、また体調崩してしまって、イベントにいけなかった・・・

4.新しく気づいたこと

今は周りの人に信頼してもらえるだけのことが出来ていない。『やるべきことをやってない』状態なので、先にやるべきことに集中しよう。

5.来週したいこと

元気になる・・・

6.その他

元気になる、日曜のイベントには元気に行く・・・!

とりあえず、なんで風邪治らないのー(´・ω・`)

【シェル】logファイルの更新をリアルタイムで見るコマンド【372日目】

こんなときに使う

ログファイルの更新をリアルタイムでみたい

そもそも、ファイルの更新が行われたときに、画面にその最新情報がほしい。

あと、一番下の行の更新を見たい。

#コマンド

tail -f xxxx.log

これで、ファイルの最後尾が見れる。

で、ファイルの更新がされたら、リアルタイムで変わる。

【docker】コンテナ内のmysqlのdumpを一行で取る【371日目】

こんなとき使う

mysqlコンテナを立てた。

dumpを取りたい。

他のDBにデータを移したい。そんなとき。

コマンド

docker exec -it container_name-mysql bash -c 'MYSQL_PWD=password mysqldump -u user db_name' 1> sql.dump

内容

docker exec -it container_name-mysql xxxでコンテナにxxxのコマンドを、container_name-mysqlで実行する。

bach -cで、bashに次に指定したコマンドを実行させます

MYSQL_PWD=password mysqldump -u user db_name' 1> sql.dump、mysqldumpでdumpを取りますが、パスワードを変数に渡しています。
コマンドで -ppasswordとしてもいいですが、そうすると、パスワードをコマンド内に書いてしまうのは良くないというworningがsql.dumpに書き込まれてしまうので、変数に逃してやってます。

【チャレンジ】社内に分報を導入すべく動いてみる!【370日目】

チャレンジしてみます

ベンチャー企業にいるなら、自分から提案して、自分で動かないとね!

ということで、分報というものを導入すべく、
『一度私一人でやらせてください!良さそうであれば、導入してみてください!』
と提案してきました。

こういうときにいいんじゃない?ってフットワーク軽くやらせていただける上司の方々には本当に感謝。

この記事は、その報告+アドバイスください!って記事です。

分報とは

デイリースクラム等の日報ならぬ、分報。
リアルタイムでの問題が見つかったのを報告出来たり、進捗もリアルタイムで可視化するためのもの。

仕組みとしては、slackで個人用にオープンな専用チャンネルを作成して、
そこでTwitterとかにつぶやくように、作業進捗書いたり、困ったら悲鳴上げたり、作業メモをしたりするものです!

参考:

c16e.com

今困ってること

今日から始めるので、困っていることもなにもないのですが。

皆さんで分報を導入したことがある方がいらっしゃれば、
ここで詰まった!
こうすると良かった!
等の知見を是非共有していただきたく・・・!

導入がうまく行った・行かなかったどちらにしろ、
またブログでまとめさせていただきます!

ここのコメントか、facebooktwitterで教えていただけると嬉しいです!

【メモ】ロードバランサに証明書を当てて、サブドメインを全部SSL化【369日目】

注意

メモです!

学習メモです!

ロードバランサ

通信をいい感じに振り分けてくれる

負荷分散いい感じに。

ロードバランサに証明書?

ロードバランサに通信来たら、その通信から証明書のキーを出す。

何が嬉しいか。
ロードバランサの方に証明書を置いてるから、アプリ側、インスタンス側に証明書を配置しなくてもいい。

これは、同じ証明書を使い回すときとかに便利

サブドメインに証明書

*.nyamucoro.comみたいな証明書を用意する。

これで、サブドメインに証明書用意できる。

こんな証明書をロードバランサに用意しておけば、インスタンス側は何も気にせず環境構築して、
ロードバランサを作成するときに、該当証明書を割り当てるだけでいい

【AWS】Route53の学習メモ【368日目】

注意

メモ書きです。

Route 53とは

DNSだよ!

ドメインと、ロードバランサやipアドレスを紐づけてくれるよ!

DNS フェイルオーバー

飛び先がヘルシー(健康状態)じゃなかったら、別な場所に飛ばすことができるよ。

nyamucoro.com → Route 53 → aws.xxxxxxxxx(ロードバランサ。今死んでる)

こんなとき、

nyamucoro.com → Route 53 → maintenance.nyamucoro.com(生きてる別なページ)

メンテナンス中です!みたいなページに飛ばすとかできるよ。

Amazon Route 53 ヘルスチェックの作成と DNS フェイルオーバーの設定 - Amazon Route 53

セキュリティグループは?

飛び先のロードバランサや、インスタンスの問題なので、Route 53は関係ないよ!