エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです!

【思考メモ】寂しい、失って悲しいは、必ずしも悪い感情じゃない【556日目】

失って悲しい

環境が変わって、今まであったものがなくなった・・・

すごく悲しい。

そんな感情を持つことって、結構あると思います。
私は昨日ちょうどありました。

半年ぶりのVRChat

昨日、半年ぶりにVRChatという、VR空間でおしゃべりできる場所に行ったんです。

そして見るフレンド欄。誰もログインしていない。

なら、新しく友達作ろう!と、初めてお友達が出来たワールドに行こうと思ったんです。

ない・・・ワールドが・・・ない・・・

思い出の場所がない

小学生の頃の地元に行ったら、思い出の場所が潰れて新しいビルが立っていた気分。

もしかしたら気の所為かもしれない。他にも友達作ったワールドある、ファンタジー集会場に行ってみた。

まあ、知ってる人いないよね。

わーVtuberのものまねしてる人がいる。

タイの人で、日本語勉強してる人がいる。

わー、凄いや。私の知ってるときと、また変わったんだなって。
でも、友達出来た、変わらないところもあるんだなって。

そして再会

一時間くらいお話してたら、友達が一人ログイン。ああ、まだいる人もいたってなりました。

そして、その人と再会。

涙がボロボロ出ました。

異国の地で、日本人を見つけたみたいな。迷子になったあと、母親に再会出来たみたいな。

そして、その人に聞いた。やっぱり、私の思い出の場所は、なくなっていたみたい。

気づいたこと

たしかに、あの頃みたいにはVRChatは出来ないかもしれない。

でも、私は『それだけあの時間が楽しかったんだ』ってことに、気がつけた。
そして、そんなふうに泣けるだけ、『あの時間を楽しめてた』ってこと。

それに、なにかを失っても、そこには新しいものがあるのがだいたいあるので。
前は、韓国の人とたくさん友達になったけど、今度は、タイの人とも友達になれる。

きっとこの感情は辛くても、悪いことじゃないんだって。

気づいたことまとめ

  1. 惜しむほど楽しめてたことを喜ぼう
  2. 楽しめたのはなぜかを忘れないでおこう
  3. もっと大きな、新しい楽しみを探すチャンスを手に入れたと思おう。

だから、私はたっっっくさん泣いたけど、きっといいことだったんだと思う。

さて、またVRChat顔出そうかな。

私も、アバター新しく作り直そうかな。

きっと、また新しい楽しみ方ができるはず。

f:id:willow710kut:20190423002152p:plain