エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです! プログラムだけじゃなく、マネジメントとかも書いていきたい!

読みやすいプログラムを書くために。否定の否定を書かない【638日目】

学んだこと

if (! $has_no_ )って否定の否定のコードは、正しく解釈するのが難しくなる

否定の否定

$has_no_items = .....

// ない場合
if ($has_no_items) {
 ....
}

// ある場合
if (!$has_no_items) {
 ....
}

言うまでもなく見づらい

変数名を変える

$has_items = .....

// ない場合
if (!$has_items) {
 ....
}

// ある場合
if (!$has_items) {
 ....
}

これで少し見やすくなる

変数に入れ直す

$has_items = .....
$has_no_items = !$has_items;

// ない場合
if ($has_no_items) {
 ....
}

// ある場合
if ($has_items) {
 ....
}

ただ、こちらは一度処理を先にする。

直感で$has_itemsの変数との関係が見づらくなる可能性もあるので、要検討。
$has_no_itemsの算出方法が変わると、バグの危険もあるので、扱い注意。