エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒4年目エンジニアブログです!

【HTML】HTMLとXHTMLのどちらで書かれたか見分ける方法【977日目】

HTMLとXHTMLを見分けたい

<br />

これはHTMLとXHTMLどちらで書かれているでしょうか。
どちらでも動きますし、どちらかわからないですね。

このように、一般的にファイルを見たときに、どの形式で書かれているかを判断する方法は、
拡張子や何かしらの形で、『この形式で書かれてるよ』と示す必要があります。

この時、HTMLもXHTMLも拡張子は .html で書けます。
ではどのように判断しているか。

DOCTYPE

<!DOCTYPE html>

このように、ファイルの一番最初にDOCTYPEが書かれているものを見たことはないでしょうか。
上記のものは、HTML5です。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

このような書き方がされていれば、XHTMLです。

どちらを扱っているか意識しよう

もし、あなたが既存のプロジェクトに参画し、HTMLを触ることがあったら、一度DOCTYPEを確認してみましょう。

HTMLとXHTMLは書き方が異なることがあります。
思わぬバグに繋がったりするので、自分が書いているのはHTMLのどのバージョンなのか、あるいはXHTMLなのかを確認してみましょう。