エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです!

プログラミングで、早めにif+returnしようってお話【774日目】

こんなif文を書いたときに

function xxx()
{
    if ($item->count()) {
      //いっぱい色んな処理
    }
}

こんな風にif通らなかったら、最終的に何もしないみたいなプログラムや、

function xxx()
{
    if (!$item->count()) {
        return null;
    } else {
        //いっぱい色んな処理
    }
}

if elseでおしまいのプログラムは、以下に書き換えるといいかも?

書き換え後

function xxx()
{
    if (!$item->count()) {
        return null;
    }
   //いっぱい色んな処理
}

みたいに書いた方が、すぐに場合分けを頭から切り離せるのでこっちのほうがいいと思いました。
(例外の早期returnみたいな名前があった気がするけど思い出せない)