エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒4年目エンジニアブログです!

【積み本等】価値を見誤ったものに『もったいない』と考えると損をする

価値を見誤る

例えば、あなたは10万円のものを買いました。
ただ、それは思ったものとは違いました。

たまにこう考えます。
「10万円も使ったし、もったいないから使おう」
と。

でも、この考え方は危険です。

具体的に数値にしてみる

もし、あなたが『10万円』の機材を買って、
それの本当の価値が『100円』だったとして。

その『10万円』機材をずっと使い続けることこそもったいなくないですか。
だって、本当の価値は『100円』なのだから。

なら、一度それを忘れて『1000円』で『1000円の価値』のものを買って、
使い続けたほうがより良い可能性のほうが高くないでしょうか。

使うということは、コストを支払うことと考えてもいいです。
本を読むのであれば、あなたの時間を使っています。

それらの時間を使って、別のことをしたり、
より良いものを使うという選択肢を、
『もったいない』と表現して、潰してしまうのです。

『もったいない』で思考を止めるのは危険

ということで、もったいないの思考は時として危険です。
本当にそれを無理やり使ったほうがお得なのかを忘れずに検討しましょう。

一般生活では、購入したものを資産として分割計上してるわけでもないですし、
使わなければ損、というのはあまりありません。

『もったいない』と思ったら、一度冷静になって価値を見直してみると良いかも知れませんねφ(・