エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒4年目エンジニアブログです!

【ブログ振り返り#18】デザインパターンを通じて、「壁」「落とし穴」を学ぶ【1023日目】

新卒2年目が少し進みました

2018/07の記事の前編です。

www.nyamucoro.com

おすすめ記事

www.nyamucoro.com

www.nyamucoro.com

www.nyamucoro.com

www.nyamucoro.com

www.nyamucoro.com

デザインパターンを自分で試す

今回の記事だと、イミュータブルパターンを試していますね。
デザインパターンを自分で使う時ってないだろうし、学ばなくていいや」
って方がいるかもしれませんが、学習としては非常に良い題材だと思います。

副産物で学ぶものが大きい

デザインパターンとかは、
「よくあるハマリポイントの解決方法」
「より便利な書き方」
などの効力があります。

これらの利点を直接享受するのは、ドンピシャで問題にぶつからなければなりません。

ですが、これらが生まれるのは「よくある壁」が存在するから、
そこに解決策が挙げられるのです。

根っことなる問題とか、複数の問題の同時解決方法としてデザインパターンが扱われるので、
その問題を直接解決するための手段として身に付けずとも、
「どのような問題があるかを学ぶ」
という点においては、非常に便利な教材です。

加えて、デザインパターンを用いたコードはそこそこありますし、
フレームワークの中のコードを読むと、見たことがあるデザインパターンに出会うことはよくあります。

学び: デザインパターンを通じて、「壁」「落とし穴」を学ぶ

デザインパターンを使うために学ぶと、その壁に直接ぶつかる必要がありますが、
デザインパターンを通じて、陥りがちな壁や問題を学ぶというのは、非常に有用です。

デザインパターン自体を学ぼうとしてドツボにハマるよりも、
デザインパターンが解決しようとしている課題について、焦点をあてて学ぶと、
挫折しにくく、応用を効かせる機会が多いと思います。

挫折しかけた人は、是非もう一度意識してみて再挑戦してみてはいかがでしょうか。