エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです!

例外を書いたらその後の処理を忘れないようにする【823日目】

動かないから分岐をしよう

x = y;

あ、yが空っぽの時があるな。

x = "";

if (y) {
    x = y;
}

よし、初期化もしたし、分岐もしたぞ。これで完璧?

ちゃんと初期化の値の処理書いた?

では、xが ""の時の処理どうするか考えたでしょうか。

もし、処理を考えてなかったら、後々気づかないところでバグが発生してるかも・・・?

空文字の時にどうするか、それともエラーか

この時、yが代入出来ないのは『異常事態』か『パターンの一つ』かで処理をちゃんと書きましょう。

例えば、『異常事態』なら、Exceptionを投げて例外処理を書いてアプリを落とすとか、
パターンの一つなら、それ用のフローを考えるか。

うっかり書き忘れると、予想外のところでバグが起こったりするので注意しようφ(・