エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです!

【Git】git add .とgit add -Aの違い【755日目】

git add .とgit add -A

いろんな変更をした時に、一度にaddしたいときがある。
(変更毎にステージするとしても、最後の一回とかに使いたい時があります)

そんなときに使うコマンドとして、

git add .
git add -A

が候補に上がりますが、どう違うのでしょうか。どちらでもいいのでしょうか。

git add .はカレントディレクトリだけ

. が意味するように、今のディレクトリを参照しています。

今のディレクトリをすべてaddするので、今のディレクトリより上の階層のものはaddすることは出来ません。

git add -Aはすべて

allを差すAです。

なので、今のディレクトリより上の階層のものもaddされます

比較

~/D/w/i/a/Console ❯❯❯  (xxx ☡) git status
On branch xxx
Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
    ../aaa.txt
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

自分より上の階層に新しいファイルがあります。

~/D/w/i/a/Console ❯❯❯  (xxx ☡) git add .
~/D/w/i/a/Console ❯❯❯  (xxx ☡) git status
On branch xxx
Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
    ../aaa.txt
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track

git add .ではUntracked filesのままでした。

~/D/w/i/a/Console ❯❯❯  (xxx ☡) git add -A
~/D/w/i/a/Console ❯❯❯  (xxx →) git status
On branch xxx
Changes to be committed:
  (use "git reset HEAD <file>..." to unstage)
    new file:   ../aaa.txt

git add -Aでは、Changes to be committedになっています。