エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒3年目エンジニアブログです!

【nginx】インストールから、初期ページを表示させるまで【687日目】

サーバーを用意した。nginxで表示させたい

VPS等でサーバーを用意しましたが、このままではWebサーバーとしてコンテンツを見ることは出来ません。

ということで、index.htmlとかを配置したら、ページが見れるようにするために、
nginxを入れてみましょう。

今回の対象はCentOS7です。

公式のインストール手順

nginx.org

ばっくり手順

1. インストール用ファイルを作る
2. インストールコマンドを打つ
3. 起動する
4. ポート開けてなかったら開ける

1. インストールのためのファイルを作成

最初に本体を入れるためのディレクトリがないので、以下のコマンドでディレクトリを生成します。

rootユーザーか、sudoを適度に使ってコマンドうってくださいφ(・

yum install yum-utils

vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo
[nginx-stable]
name=nginx stable repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

[nginx-mainline]
name=nginx mainline repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

(スキップ可)インストールするバージョンについて

インストールをするにあたって、安定版(上に書いたnginx-stable)を通常はダウンロードしますが、
メインラインのものがほしい場合は、先にこのコマンドを打ってください

sudo yum-config-manager --enable nginx-mainline

.oO(って言っても、さっき書いたファイルのenabledが変わるってお話ですが)

2. インストール

yum install nginx

これでインストール可能。yキーをいろいろ打っていってインストールすすめる
インストール出来たら、以下のコマンド打ってみて、インストール+動かすことが可能かを確認

systemctl status nginx

3. nginxの起動

systemctl start nginx

これで80番ポートでサーバーのipアドレスにアクセスすれば、nginxの標準のページが出ます。

4. もし出ない時?(ポート開放)

もし出ない場合、ポート開放をしてなくて、一般ユーザーがそのページにアクセス出来ない可能性があります。

サーバー側の設定の問題なので、ポート開けましょう

firewall-cmd --list-all
firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
firewall-cmd --reload

お疲れさまでした。