エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒2年目エンジニアブログです! プログラムだけじゃなく、マネジメントとかも書いていきたい!

悩み、落ち込んだ状態のときは、2点のいいことがある【263日目】

自分がどうしようもなく落ち込んでいる時

たまにありませんか、自分がどうしようもなく落ち込んでいる時。

落ち込んでいる時は、デメリットだらけだと思いがちですが、
ある2つの点においては、落ち込んでいることっていいことです。

自分の悩みが以下の2点で当てはまると思ったら、きっとそれはポジティブに変えることができると思います。

1.解決することで自分がプラスになる課題がわかっている状態

悩むということは、その問題を阻害と感じているということ。

その問題を解決することで、自身の幸せ、ポジティブに近づけるということ。

きっと、悩んでいるということは、その問題が簡単に解決できないことだと思います。
だから、誰かに相談するなど、自分の使える力すべて使って解決すべきです。

その時、自分の成長や、自分の快適な生活に近づけるでしょう。

2.自分がその問題に対して、逃げたくないと思っている状態

悩むということは、その問題を全力で解決したいと思っているということ。

その問題に対して、自分のモチベーションが高いということ。

モチベーションが低いと悩んでいても、
裏を返すと、そのモチベーションが低いことを解決したい、
モチベーションを高くしたいというモチベーションを持っています。

そんな時は、どこかに阻害する要因があるはずです。
体を休めるなど、自分の心では解決できない問題があるはずです。

それを見つけた時は、きっといきいきとした自分に戻れるでしょう。

乗り越えた先は、明るい未来

悩むということは、結構高い壁にぶち当たっていると思います。

でも、それを解決しなければいけないと思うということは、乗り越えた先に得られるものも大きいと思います。

悩むということは、今それが大切なタームなんだ。
どう解決すればいいかわからないのではなく、その問題が顕在化していることに気づけたことを喜ぶべきなんだ。

ネガティブを乗り越えた時に、ポジティブに近づけると思って、今は耐え忍び、乗り越えましょう。